本日サンシャイン水族館リニューアル!「天空のペンギン」はどうだ?

サンシャイン水族館といえば、アシカがぐるりと泳ぐ透明のリング「サンシャインアクアリング」と大水槽「サンシャインラグーン」が目玉でしたが今回、ペンギンエリアをリニューアル、「天空のペンギン」「草原のペンギン」などの展示がスタートしました。

オープンは7月12日(今日)からなのですが、先週末には年間パスポートユーザーだけ見学できるうれしいサービスがあったので、覗いてきたレポートをお伝えします。

■サンシャイン水族館がリニューアルオープン!目玉はペンギンエリア

まず最初にお断りですが、以下のレポートはまだ完全オープンではない状態での見学の感想です(パフォーマンスもなかった)。

今回のリニューアルゾーンは、以前カワウソやペンギン、ペリカンに古代魚(巨大な魚たち)がいたエリアを作り直した格好です(なにげに好きだったのだが、巨大魚はどこへ行ったのだろうか…)。

一つ前のリニューアルで登場したアシカの天空回廊は「おお!」と目を引くものでしたが、今回のエリアにも天空回廊がひとつあります。この日はペリカンが居座っていて、「見上げるとペリカンの足の裏?」という使われ方でした。ペリカンの足の裏をガラス越しに見てもしょうがないので、何かアクティブな仕掛けを期待したいところです(でも、これは活用の余地がまだあると予想してます)。

ペンギンエリアは滝のある小山をペンギンが散歩する「草原のペンギン」ゾーンと、天井までカーブしたガラスの水槽をペンギンが泳ぐ「天空のペンギン」ゾーンのふたつがどうやら目玉の様子。

「天空のペンギン」はガラス水槽がそのまま自分の真上までカーブしていて、気が向いたペンギンはそこまで泳いでくるので真上を行き来する、というしかけ。こちらはテレビでも紹介されていますが、なかなかいい印象です。

もうちょい大きいとなおうれしい、という感じですが、ペンギンが泳ぐのを横からみる視点も大人の背の高さまでアップしたので楽しいし、かつ真上まで泳ぐ姿が追えるのはさらにおもしろい感じです。見学日はあまりにも暑くて日差しがキツかったけれど、それはそれでキラキラ感もあっていい感じでした。

あと、エリア全体をライトアップする仕掛けがあるので、夕方にくるとムードが出てくるかもですね。うちはその時間に子連れで行けないので、カップルさんにおすすめします。

この手の施設は「一度は行ってみたら」系なので、最近行ってなかったなあ、というファミリーは、久しぶりに寄ってみるというのにちょうどいい楽しみかたかもしれません。たぶん、元は取れると思います。

■未就学児を連れて行くにあたってのアメニティチェック

フロアの広さ:都内の水族館としては標準的。子どもを連れてうろうろするにはちょうどいい広さ。
施設の新しさ:昔の印象と比べると、リニューアルを重ねてずいぶんフレッシュな施設の印象になった。
入館料:子どもは4歳から有料。下記のとおり年間パスポートがおトク。
トイレ、オムツ換え:トイレはやや狭い。オムツ交換スペースはちょうどいいくらいの広さ。たいてい入れる。
ベビーカーでの移動:エレベーターがあるのでフロア移動も可能。ただし室内エリアが道が細くなるので、受付で預けたほうが無難。
飲食施設:店内にカフェあり。子どもの軽いご飯もここで食べられる。アシカショーのエリアなどで持ち込みご飯も食べられる。サンシャイン60だから、レストランフロアに移動すれば選択肢はぐっと増える。
駐車場:地下駐車場が巨大。水族館利用者は90分無料がついてくる。
その他:サンシャイン60のエリアで、ニトリやトイザらスもあるのでついでの買い物をするのにも便利。MOEやジブリショップもあるので、予算オーバーに注意。

これは「草原のペンギン」の様子

 

■サンシャイン水族館は年間パスポートがおトク

今回、入館料値上げが行われ、年間パスポートも値上げされてしまったのですが、基本的にサンシャイン水族館は年間パスポートがおトクです。

一般的には3回ないし4回利用がパスポート価格の標準なので、2回分の入館料で1年間フリーパスというのは、この手の施設ではかなり割安の部類です。

駐車券割引、売店割引などの基本サービスはもちろんついていますし、チケット売り場混雑を回避できるだけでもかなり助かります。

あと、期限3カ月前までに更新をすると、本来の延長一年プラス3カ月のボーナスがつくので、更新をきちんとやるとさらにおトクになります。

詳しくはチケットカウンターの隣にあるパスポートの手続きカウンターで聞いてみてください。

リニューアル後の警察博物館は消防博物館といい勝負か?

男子を育てているとおそらく一度は近寄る施設として「警察博物館」と「消防博物館」がある。
警察博物館は京橋、消防博物館は四谷三丁目にあるのだが、警察博物館のリニューアルということで、男子4.0(4歳になった!)と行ってみた。

往復の工程でやや焦ったのは「やまのてせんにのりたい」というご所望。飯田橋から有楽町線で銀座一丁目まで行って歩くのがシンプルなのだが、「飯田橋から秋葉原まで総武線」「秋葉原から神田まで山手線」「神田から京橋まで銀座線」という乗り換えで行くことになった。まあ、銀座線は初体験で楽しんでいたようなので何より。神田駅の細くて天井の低い地下通路とか、いいよね。

さて、リニューアル後の警察博物館のレビューについては、消防博物館と比較しながら話をするのがおそらく有効だと思うので比較しながら紹介してみよう。

  • フロアの広さ:消防博物館のほうが広い 面積的には2倍くらい差がある印象
  • 施設の新しさ:リニューアル後ということで警察博物館のほうが新しい。タッチパネルつき液晶モニターを使った機器等がたくさん。消防博物館はかなり古い展示もある(日々テコ入れ中だが)。
  • 入館料:どちらも無料でうれしい
  • 乗れる乗り物(実物展示)の数:消防博物館の勝ち。ただし白バイに乗れるのはうれしい。できればパトカーにも乗りたいところ。
  • 学習コンテンツ:小学生になったら警察博物館のコンテンツが面白そう。科学捜査班なゲームもあったりする。
  • 売店:消防博物館のほうが選択肢多し。消防車系トミカも充実。
  • 着替え:どちらも楽しい。警察博物館は警官、白バイ隊の衣装が、消防博物館は消防士の衣装を子どもに着せて撮影が楽しめる。
  • トイレ、オムツ換え:警察博物館のほうが楽だが消防博物館もそれほど困らないか(大混雑する施設ではないので)。
  • 周辺でお昼のしやすさ:京橋のほうに分があるか。周辺の再開発で週末に食事をする選択肢が増えた。ちょっと歩けば東京駅にも行ける。ただし館内での飲食は警察博物館はダメとのこと。
  • その他:消防博物館はスタンプをためると無料グッズもらえたりするのがリピーター的には地味にうれしい。

写真は、一階フロアにある白バイに乗せてみたところ。4歳児にとって白バイはまだ大きいということがよく分かる。本人はご機嫌であった。

どちらの博物館も滞在時間は一時間弱だと思う。30分は問題ないが、90分は厳しい感じ。ちょっと時間つぶし的に行ってみるのがいいと思う。警察博物館は、警察の歴史とか現在の組織についての解説もばっちりしているので大人でも楽しめる内容です。

Amazonで警視庁がピーポーくんのオフィシャルグッズを売っている!
→ http://amzn.to/2rNnQ87

日刊ゲンダイにイクメン奮闘記をネタにしてもらった話

日刊ゲンダイ(夕刊紙)の5月16日号にイクメン奮闘記を載せてもらいました。会員登録をすれば無料で読めますのでよろしければどうぞ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/205495

紹介された記事を見返してみると、よく仕事と家事育児を回しているなあと思います。一時期は健康にも支障出てましたしね。

ま、大変なのは夫婦どちらもなので、相手はやってないとかそういう問題ではないのですが。

2000円で電動ブラシを買って、子どもの靴洗い時間を半分にしよう

ソニックスクラバー電動シューズブラシ
ソニックスクラバー電動シューズブラシ(画像はAmazonから)

先日、たぶんTwitterだったかと思うが、タイムラインを眺めていたらどなたかの紹介するリンクが流れてきた。「靴を洗うための電動ブラシが便利!」というもので、調べてみたら2000円もしない値段だったので冷やかしに買ってみることにした。

子どもの靴を磨くというのは親の愛情のひとつだと思うのだが、手間はかかる。うちは相方はまったく靴磨きを担当しないので、私が週末に保育園で使った靴を洗っている。最初は男子の靴1足だけだったが、下の娘の靴が増え、今年からは男子のほうの上履きも増えて3足だ。それなりに時間もかかるようになった。

そろそろ愛情と面倒のどちらが勝るか、という危うい勝負になってきているので、省エネできるなら、と思ったのだ。

届いてみたらこれがなかなかよかった。形は電動歯ブラシを巨大にしたものと思えばいい。巨大な電動歯ブラシがぐるぐる回って、ソールやつま先の部分をごしごし洗っていく。

ゴムのソール部分はもちろんだが、布地になっているつま先部分の汚れがよく落ちる。わが家は使い古しの歯ブラシで靴磨きしていたが、この電動シューズブラシのおかげで、娘の靴の汚れはきれいに落ち、スエード調の部分はピンク色がよみがえった。

靴というのはカーブしている部分だらけなので、回転するブラシの部分にしっかり当たるよう角度を変えてみたり、裏から手をあてるなどするとブラッシングの効果は倍増するので、試行錯誤してみるといい。ハマると汚れがどんどん落ち始める。

注意点としては音はかなりうるさいということ。子どもが寝た後に使用するなら風呂の扉をしっかり閉めておきたい。あと、当たり前だが水を流しながらブラッシングすると周囲に水がはねまくって後悔することになるでしょう(笑

ちなみに、同じ本体にブラシを交換して「風呂掃除用」「台所掃除用」なども売られているようだ。
連休に実家に帰ったら台所に同じモノが置かれていてびっくりした。

子は親を見上げるが故に飛行機を空に見つける

今や3.7歳となった長男は、2歳のころよく空に飛行機を見つけていた。
都内もかなり空の高いところを飛行機が通り過ぎることがあるのだ。
親はいつもびっくりしていた。

ところが彼は最近、飛行機を指ささなくなった。
興味がなくなったわけではなく、乗り物図鑑などではJALが好きかANAが好きか真剣に見入っているというのに。

下の娘は1.6歳というところだが、よく空に飛行機をみつけて指を指す。
「いおーい」(ひこうき)と指さすのだが、それをみて長男は本当だ、という顔をする。

ある日、ふたりの差に気がついた。それは身長のちょっとした差だ。

娘の身長では、常に親を見上げている視線になる。そしてその背後には常に青空がある。
長男の身長では、もはや真上は見上げない。せいぜい斜め上といったところで、むしろ視界には植物や自販機が入ってくる。

ということは、娘が青空にちっぽけな飛行機を見つけて喜ぶのもあと一年もないのだろう。
たった10センチ身長が伸びただけで、彼女の視界はがらりと変わるのである。

MOE~子どもは必ずかこさとしを読んで育つ

2017年3月号の雑誌「MOE」はかこさとし大特集である。

加古里子と感じで書くと女性のようだが男性の絵本作家さんのことだ。

 

 

 

「からすのパンやさん」「だるまちゃんシリーズ」や「かわ」「地球」「宇宙」のような科学シリーズなど、自分が子どもの頃に読んだなーと記憶を思い出す人は多いだろう。かこさとしさんの世界は広いので、気がつかずに読んでいることも多い。そして気がつかないうちに自分の子どもにも読み聞かせることになる。

大人になると「かこさとし」のことは誰もが一度忘れてしまうが、子育て経験者は必ずかこさとしを読ませて子育てをすることになる。

たとえば「ことばのべんきょう」というシリーズがあるのだが、わが家では小児科医の本棚でみつけて、言葉の勉強用にいいやと買ったのだが、実はかこさとしさんだったと最近知って驚いていたりする。


公害問題に触れている絵本、栄養学的見地も織り込みながら健康について啓発する絵本などが、きちんと絵本的おもしろさになっているのもかこさとしの凄さで、私も自分の科学的思考法の基盤はかこさとしにある、と思うくらいだ。

私の思い出話だが、幼稚園高学年のとき隣のお姉さんが読んでいた学研の「科学」が欲しいとねだったら、府中駅の書店で「かがくのほん」として「地球」や「海」を親が買ってくれた。「これは違う!」とずいぶん泣いて騒いだことを今でも覚えている。後に学研の配達は頼めたのだが、このとき泣いて「違う」と言ったはずの「地球」と「海」は長らく愛読書の一冊であったものだ。知らずに「かこさとし」に育てられたのだった!

わが家でも、子どもにかこさとしを読ませている。少々冷やかし気味に買い与えて読み聞かせた「かわ」も、気がつけば長男はお気に入りの一冊にしている。子どもの科学的発想法の礎になれば、なと思う。

ものれーると、ひろいおふろ

父とお兄ちゃんとで男ふたり旅

先日、下の娘が生まれたときの産院のママ友集まりに相方と1.5歳娘が顔を出すことになって、私と3.5歳男子は土曜日にふたりきりでお出かけをすることとなった。これは珍しいシチュエーションだ。

前夜にお風呂に入りつつ、どこに行きたいか選択肢をあげてみたところ「ものれーると、ひろいおふろ」ということになった。

難しいお題を出されるとそれはそれで燃えるので、寝付かせた後、ファミレスに原稿書きに行ったついでにネットでプランを検討した。こんな感じ。

【男ふたり旅プラン】

飯田橋から浜松町へJR移動

浜松町から羽田空港へモノレール移動

飛行機の発着見物

リムジンバスでお台場へ移動

大江戸温泉物語でお風呂

ゆりかもめで豊洲へ移動し有楽町線で戻る

備考 昼飯は羽田かお台場かは状況に応じて

当日の移動の首尾はどうだったか

妹とふたりでお出かけだと当たり前のようにセットしていたベビーカーを、今回はあえて使わないことにした。荷物は最低限にしてリュックに背負う。

でかけてみると、これがすごい楽。ベビーカーを使うと、目の前に来た電車に飛び乗るようなことは不可能だが、乗り換えもひょいひょいいける。3.5歳児もかなりついてくるので、抱っこして走ることもほとんどなかった。

モノレールに乗れば車窓に興奮(モノレール沿いに高速道路のメンテが進んでおりクレーン車見放題だった)。羽田空港では最上階のカフェでアイスを食べながら次々離発着する様子を眺め、ご満悦。

羽田からお台場の移動はリムジンバスが便利だ。電車だと相当時間がかかるが、バスなら15分もかからない。お値段も500円くらい。

乗り物図鑑にはほぼ必ず登場するリムジンバスもなかなか乗る機会がないので、乗って子どもはご満悦。

ちなみに、Googleに「羽田空港からお台場温泉物語」と入れると、今のターミナルの位置(第一か第二か)をGPS情報で判断し、最寄りの乗り場からお台場へ行くアクセス結果が出る。Googleはやはりすごい。

大江戸温泉物語では、人生二回目の温泉にこれまた興奮し大喜びだった。お昼は大江戸温泉物語のフードコートを利用しましたが、これも楽に食事ができて助かった。

唯一の誤算はゆりかもめの段階でうつらうつらし始め、15キロを抱っこして豊洲の乗り換えになったことか。私の見込みでは有楽町線で寝ると予想していたのだけれど。

*   *

たまにはこういう「パパがちょっと工夫したおでかけレポート」みたいなのも書いてみたいと思う。

■今回行ったところ

羽田空港第二ターミナル5階展望デッキ カフェ アミーチデルテ
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shops_and_restaurants/store/392/

大江戸温泉物語(お台場)
http://daiba.ooedoonsen.jp/

ハピママ* 2人目妊活、何歳差がベスト? 家族計画のポイント

http://ure.pia.co.jp/articles/-/43413

ハピママ*に月一連載している子育て×マネーコラム。
今月のお題は「2人目妊活」。マネープランの目線と育児負担の目線のどちらからも書いてみました。
もちろん、FP目線として、キャリアの問題、育休時の手当の問題、学費準備の問題などお金のテーマもポイントをまとめています。

http://ure.pia.co.jp/articles/-/43413

ワイヤレス迷子ひもREX-SEEK2で遊んでみた~子育てママ、子育てパパにとっておもしろいアイテムだ!

image子どもが自分でてくてく歩けるようになると、いろんなところに連れ出したくなります。わが家でも、毎週末には動物園、水族館、博物館などに連れて行って、好奇心全開で歩き回る子どもに目を細めています。

ところが、自分で歩くようになった子どもの悩みは、思いついたらふらふらと(あるいはいきなりダッシュで!)、どこかに行ってしまうことです。 スロープに回ってベビーカーを移動させている隙に、階段をすたすた上っていったり、麦茶を飲ませようとカバンを探っているあいだに、角を曲がってしまうと、焦ってしまいます。

最近では、ハーネスないしリードと呼ばれる迷子ひもを子どもにつけているパパママも増えていますが、ひもが伸びきったときに間を通行しようとした人の妨げとなったり、子どもの自由な動きを邪魔したりと悩ましいものがあります。(ペット扱いをしている、と悪口いう人もいますしね)

せっかくデジタルネイティブとして育っている今どきの子どもなのですから、何かスマートに迷子ひもをつけられないかと考えていて、おもしろそうなアイテムをみつけました。デジタル化かつワイヤレス化された迷子ひもREX-SEEK2です。

■おしりのポケットにすっと入れておでかけできる

「迷子ひもをデジタル化するの」仕組みを簡単に説明しますと、子どもにくっつけておくと、スマホのアプリを使って無線で接続し、一定距離を離れたら警告音を発したり、向こうに呼び出し音を出させることができる100円玉くらいのサイズのタグ(厚みは3枚くらい)のことです。

わが家の長男は2歳になったばかりで、てこてこ歩くのが大好きなのですが、サイズも小さいので、ズボンのおしりのポケットにすっと入れておくことができます。重さは軽いので本人はまったく気にしていません

image

もうちょっと大きくなったら、カバンにぶら下げたり、ペンダントのようにしてもいいでしょう。(それはそれで、興味を持たれてしまって外して放置されるリスクもありますが)

本来の機能は、財布やキーホルダーにくっつけて、探したいとき音を鳴らせる、というものであり、子どもにつけることが想定されているわけではありません。子どもに使ういくつか注意点をあげれば、椅子に座ったときなど、呼び出しボタンをおしりで押してしまい音が鳴ることがあります(ただし、ほとんど問題なく使えました)。

また、うっかり洗濯してしまわないよう注意が必要です。軽すぎるので忘れてしまうわけですわが家では実際に、洗濯してしまい他社製品をひとつ壊してしまいました。けっこうショックです。

■ツールの使い勝手は上々 呼び出し音が便利

使い勝手についてもう少し詳しく説明します。連携するのはスマホということになりますが、接続や初期設定については、標準アプリが提供されているので、これをPlayストア(Androidスマホの場合)、Appストア(iPhoneの場合)からダウンロードして指示に従えば大丈夫です。

無線接続はBluetoothの機能を使います。スマホには基本的についていますから、機能がなくて困る心配はありません。 私も説明書も読まず、上野公園についていきなり設定してみましたが、簡単に接続できました。

アプリを起動してからタグを起動させれば簡単に接続することができます。 アプリの設定画面も簡単で便利です。アラームの鳴り方について「鳴るまでの距離」「鳴る時間」「接続が切れたときのお知らせ」などが設定できます。(画面はこんな感じ↓)
image

使い方としても「一定距離を離れたら鳴る設定」にして子どもがダッシュした場合のアラートとしたり、姿が見えなくなったとき、「タグのほうから音を出す」機能を使って、音の出るほうを探すようなやりかたが使えます。

『迷子になったら、タグのこのボタンを押しなさい』と教えておくことで、「タグのほうからスマホにアラートを送る」こともできます。うちの子はまだ無理ですが子どもが大きくなったら使える感じですね。

なお、最初はわざと鳴らせてテストをして、音声の具合を確かめるといいでしょう。いつもは無音やバイブレーターモードにしていると、子どもがいなくなったときの音も鳴らなかったり音が小さくて気がつかなかったりして焦ります。

■まとめ ワイヤレスな迷子ひも、なかなかおもしろい!

ちょっとまじめな話を最後にすると、子どもが行方不明になって悲しい結末になった事件の多くは、姿が見えなくなった最初の十分くらいで足取りをつかめなかったことで、捜索が難しくなっているようです。

ワイヤレス化した迷子ひもがそれを100%防ぐことができるとはいえませんが、少なくとも最初の数分で姿が見えなくなった子どもと再会するチャンスを高めてくれることは間違いないはずです。

子どもというのは、親が思いつかないタイミングで、親の予想外の方向へすすっと移動してしまうものです。わが家についても、歩くスピードが速くなりつつあり、油断すると一瞬見失うケースが出始めています。

ワイヤレスな迷子ひもをお出かけ時には子どものポケットに突っ込むようにしておきたいと思います。

(※このコラムは、REX-SEEK2のモニターテストで試用した経験をベースに執筆しています)

興味でてきたな、と思ったら下記をクリックして詳細をチェックしてみてください。

ラトックシステム Bluetooth 4.0+LE対応 紛失防止タグ Amazon.co.jp