「知識」ではなく「知恵」を教えたい~教育基本方針2

ドタバタしながら2週間。名前もついて、少しづつ表情も豊 かになってきました。

ヤマサキ家の教育基本方針について述べるシリーズその2。

私の仕事上の肩書きで「フィナンシャル・ウィズダム」というオフィス名を名乗っているが、「お金の知恵」の意味である。
お金の知識は金融機関に質問すればいくらでも分けてもらえるが、「知恵」の部分は自分自身で考え判断しなければならない。知恵の部分をアウトソースしようとすれば、私たちはカモにされかねない。私たちには「お金の知恵」が必要だ、という意味を込めている。

子どもの教育方針においても同じ。最終的には、自分の頭で考える知恵のある子にしたいと考えている。しかし、知恵は、「知恵を教えればいい」というものでもない

矛盾するようだが、「知恵」を得るためには「知識」が必要になる、とも考えている。

“「知識」ではなく「知恵」を教えたい~教育基本方針2” の続きを読む